交通案内サイトマップ

◆受付時間 平日 8:00-16:30/土曜日 8:00-12:00
◆休診日  日曜・祝日
 ※急患につきましては随時診療いたします 


〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1851-1

TEL 04-7182-8166

HOME»  コラム一覧»  腹腔鏡下腎尿管摘出術とは|概要とメリット・デメリットを解説します

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術とは|概要とメリット・デメリットを解説します

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術を行う可能性が出てくると、手術内容が気になるはずです。お困りの方のために、腹腔鏡下腎尿管摘除術の特徴と基本的な手順を紹介します。さらに、腹腔鏡下腎尿管摘除術のメリット・デメリットも解説します。以下の情報を参考にすれば、どのような手術であるかがわかるはずです。

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術とは?特徴や一般的な手順を解説

 

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術は、体にあけた小さな穴から内視鏡や器具を挿入し、モニターで映像を確認しつつ腎臓・尿管・膀胱の一部を摘出する手術です。膀胱の一部は、下腹部を切開して切除、摘出します(開放手術)。腹腔鏡下腎尿管摘出術の一般的な手順は以下の通りです。

 

1. 全身麻酔をかける。

2. 体に小さな穴をあけて、炭酸ガスでお腹を膨らませる。

3. 体にあけた小さな穴から内視鏡や器具を挿入する。

4. 腎臓と尿管を遊離させる。

5. 下腹部を切開して、膀胱の一部を切除する。

6. 腎臓・尿管・膀胱の一部を摘出する。

7. 血液などを排出する管(ドレーン)を挿入して、お腹を縫合する。

 

具体的な手順については、手術を受ける医療機関で確認してください。

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術のメリット・デメリット

 

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術には、以下のメリットとデメリットがあります。

 

メリット

代表的なメリットとして以下の点が挙げられます。

 

・開放手術に比べると傷が小さい

・術後の痛みが少ない

・術後の回復が早い

・術後に残る傷痕が目立ちにくい

・出血が少ない

 

基本的には、患者にかかる負担が少ない手術といえます。

 

デメリット

代表的なデメリットは以下の通りです。

 

・手術時間は開放手術と同等かそれよりも長い

・出血や周囲臓器の損傷などにより、開放手術が必要になるケースがある

・手を使えず操作が限定されるため、手術者に技術と経験が必要

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術を受ける場合は、これらを理解しておかなければなりません。

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術は実績豊富な医療機関で受けましょう

 

腹腔鏡下腎尿管摘出術は、体に小さな穴をあけて内視鏡などを挿入し、モニターで映像を確認しながら、腎臓・尿管・膀胱の一部を摘出する手術です。開放手術に比べると傷が小さいため、術後の痛みが少ない、術後の回復が早いなどのメリットがあります。ただし、デメリットがないわけではありません。手術時間が長くなることや開放手術が必要になることがあります。いずれにせよ、手術者に技術と経験が求められるため、信頼できる医療機関で受ける方がよいでしょう。

我孫子市で医療機関をお探しの場合は、実績豊富な我孫子東邦病院の泌尿器科で相談するとよいかもしれません。