交通案内サイトマップ

◆受付時間 平日 8:00-16:30/土曜日 8:00-12:00
◆休診日  土曜午後・日曜・祝日
 ※急患につきましては随時診療いたします

〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1851-1

TEL 04-7182-8166
 

HOME»  コラム一覧»  下痢と尿路感染症の関係とは?我孫子の泌尿器科もご紹介

下痢と尿路感染症の関係とは?我孫子の泌尿器科もご紹介



無関係に見える下痢と尿路感染症には意外なつながりがあります。このページでは、下痢と尿路感染症の関係を解説しています。さらに、困った症状が現れている方のために、尿路感染症を治療できる我孫子の泌尿器科も紹介しています。下痢と尿路感染症が気になる方は参考にしてください。


 

下痢による尿路感染症とは?

下痢と尿路感染症にはどのような関係があるのでしょうか。まずは、尿路感染症の概要から解説します。

 

尿路感染症とは

尿の通り道を尿路といいます。具体的には、腎臓で作られた尿が尿道から排泄されるまでの通り道を尿路というのです。
腎臓で作られた尿は、腎盂に集められたのち尿管を下り膀胱にたまります。膀胱にためられた尿は尿道から体外へ排出されます。この経路で起こる感染症を尿路感染症といいます。尿路感染症の主な原因は、大腸菌をはじめとする腸内の細菌です。何かしらの原因で尿道から侵入し、尿路感染症になることが多いと考えられています。

 

尿路感染症を引き起こす下痢

尿路感染症の主な原因は、大腸菌をはじめとする腸内の細菌です。よって、下痢や便秘で病原性大腸菌が増殖すると尿路感染症のリスクは高まります。下痢や便秘に気を付けることも、尿路感染症の予防法と考えられています。

 

尿路感染症で下痢になることも

尿路感染症で下痢になることもあります。尿路感染症は上部尿路感染症と下部尿路感染症に分かれますが(詳しくは後述)、上部尿路感染症に含まれる腎盂腎炎では38.5度以上の発熱に下痢や嘔吐を伴うことがあります。


 

「上部尿路感染症」と「下部尿路感染症」

尿路感染症は、上部尿路感染症と下部尿路感染症に分かれます。それぞれの特徴を解説いたします。

 

上部尿路感染症

腎臓、尿管、膀胱、尿道へと続く尿路のうち、腎臓から尿管までの間に起きた感染症を上部尿路感染症といいます。
代表的な上部尿路感染症として挙げられるのが腎盂腎炎です。腎盂腎炎とは、腎臓及び腎盂で起きた感染症です。38.5度を超える発熱、細菌が感染している腎臓側の腹部・腰部痛、頻尿、血尿などの症状が現れます。珍しい病気ではありませんが、適切な治療を受けないと敗血症を起こし命に危険が及ぶこともあります。

 

下部尿路感染症

下部尿路感染症は、膀胱、尿道、前立腺などに起きた感染症です。代表的な下部尿路感染症として尿道炎、膀胱炎が挙げられます。これらでは排尿痛、尿の濁り、頻尿などの症状が現れます。適切な治療を受けないと、細菌が尿路を逆流して上部尿路感染症に進展することがあります。また、背後にその他の病気が隠れていることもあります。気になる症状がある方は、早めに泌尿器科で相談しましょう。


 

尿路感染症の治療と受診できる我孫子の泌尿器科

続いて、尿路感染症の治療と尿路感染症を治療できる我孫子の泌尿器科を紹介します。

 

基本的な治療方法

尿路感染症は、原因になっている細菌を退治する抗菌薬で治療します。具体的には、内服薬あるいは点滴を用いて治療します。
点滴を用いる場合は、入院になることが少なくありません。また、尿路で繁殖した細菌を追い出すため尿を排出することも重要な対策になります。残尿が多い場合は、尿道からカテーテルと呼ばれる管を挿入し、尿を排出することなどもあります。

 

尿路感染症の治療を受けられる我孫子の病院

我孫子東邦病院

日本泌尿器化学会専門医が多数在籍している病院です。専門医による質の高い治療を受けられる点が魅力といえるでしょう。手術支援ロボットなどの最新設備を導入しているので、背後に重大な病気が潜んでいた場合も継続して質の高い治療を受けられます。我孫子駅からバスで10分の場所に位置します。

 

わくい泌尿器科クリニック

天王台駅北口から徒歩で5分の場所に位置する尿路疾患専門のクリニックです。プライバシーに配慮した診療を心掛けているので、デリケートな悩みでも安心して相談できます。紹介先病院として、JAとりで総合医療センター、柏市立病院などが挙げられています。


 

下痢と尿路感染症が気になるときは我孫子の泌尿器科で相談

下痢は尿路感染症を引き起こす恐れがあり、尿路感染症により引き起こされる恐れもあります。
気になる症状が現れている方は、我孫子の泌尿器科で相談しましょう。治療を受けても症状が改善しない場合は、原因となっている細菌とお薬があっていない可能性などが考えられます。このようなケースでは、細菌検査を行ってお薬を見直すことやがんをはじめとするその他の病気が潜んでいないか調べるためCT検査、内視鏡検査を行うことがあります。これから受診する方は、以上の可能性などを踏まえ、様々な状況に対応できる泌尿器科を選んでおくと安心です。