交通案内サイトマップ

◆受付時間 平日 8:00-16:30/土曜日 8:00-12:00
◆休診日  土曜午後・日曜・祝日
 ※急患につきましては随時診療いたします

〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1851-1

TEL 04-7182-8166
 

HOME»  コラム一覧»  我孫子で治療できる泌尿器科疾患のレーザー治療とは?

我孫子で治療できる泌尿器科疾患のレーザー治療とは?


我孫子で泌尿器科のレーザー治療を受けたいと考えていませんか。お困りの方のために、泌尿器科で行われているレーザー治療の概要と、我孫子で受けられるレーザー治療について解説いたします。以下の情報を参考にすれば、どのような治療を受けられるかがわかるはずです。前立腺肥大や尿管結石の治療法を探している方は参考にしてください。


 

泌尿器科疾患のレーザー治療

レーザー治療とはどのような治療なのでしょうか。最初に、レーザー治療の概要と泌尿器科でよく利用されるホルミウムヤグレーザーについて解説します。

 

人工的な光源を応用した治療

レーザー治療は、優れた特性を持つ人工的な光源(レーザー)を医学的に応用した治療です。春に柔らかな太陽光を浴びると体は温かくなり、夏に強烈な太陽光を浴びると日焼けします。これが身近なレーザーの働きです。

レーザー治療は、使用するレーザー光の強さにより高反応レベルレーザー治療と低反応レベルレーザー治療、その間に位置する中反応レベルレーザー治療に分かれます。外科手術に多く用いられているのは、高反応レベルレーザー治療です。

 

泌尿器科で多く用いられるホルミウムヤグレーザー

レーザーには様々な種類があります。それぞれ特徴が異なるので、適切な医療分野で活用されています。泌尿器科で多く用いられているのが、波長2100ナノメートルの医療用レーザー・ホルミウムヤグレーザーです。大きな特徴といえるのが、水への吸収率が高く、人体に影響する深さがわずか0.4㎜しかないこと。身体から、5.0㎜、離すだけで組織に影響は及びません。以上の特徴から、膀胱、尿道、尿管が水で満たされていれば、正常な組織に影響与えることなくレーザーを照射できます。レーザーを照射することで切除と止血を行えるうえ、パルス発振による破砕効果も持ち合わせています。これらの働きから、泌尿器科では前立腺肥大症や尿路結石の治療に多く用いられています。


 

レーザーを用いた前立腺肥大症の手術

続いて、レーザーを用いた前立腺肥大症の手術について説明します。

 

ホルミウムヤグレーザーを用いた前立腺肥大症の治療

前述の通り、ホルミウムヤグレーザーは前立腺肥大症の治療に多く用いられています。ホルミウムヤグレーザーを用いた前立腺肥大症の治療をHoLEP(ホーレップ)といいます。
HoLEPは、先端にレーザーメスの付いた内視鏡を尿道から前立腺へ通し、ホルミウムヤグレーザーを照射して肥大した前立腺腺腫を切除する手術です。切除した前立腺は、膀胱で切断してから取り除きます。HoLEPのメリットは、前立腺肥大症の主な治療であるTURP(経尿道的前立腺切除術)より出血、術後の疼痛(術後のバルーン留置期間、入院期間も含む)が少ないことです。前立腺の大きさによらず適応できる点も特徴です。新しい前立腺肥大症の治療法として注目を集めています。

 

HoLEPを受けられる我孫子の病院

我孫子でHoLEPを受けられる病院として、我孫子東邦病院の泌尿器科が挙げられます。我孫子東邦病院の特徴は、HoLEPの実績が豊富なことです。
前立腺核出実績は、2016年39症例、2017年69症例、2018年79症例、2019年134症例となっています。多くの方から信頼されている理由は、日本泌尿器科学界専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医などの専門家が多数在籍しているからです。安心してレーザー治療を受けられる医療機関と考えられます。


 

レーザーを用いた尿路結石の手術

レーザーは、尿路結石の手術にも用いられています。どのような手術が行われているのでしょうか。

 

ホルミウムヤグレーザーを用いた尿路結石の治療

ホルミウムヤグレーザーは、尿路結石の治療法・TUL(経尿道的尿管結石砕石術)でも用いられています。
TULは、尿管鏡と呼ばれる特殊な管を尿道から挿入し、モニターで結石を確認してから破砕する手術です。特徴は、モニターで結石を確認しつつ破砕するので破砕効果を確認できることと破砕した結石を手術中に取り出せることです。治療部位以外に損傷を与えにくい治療法としても注目を集めています。入院期間は数日~1週間程度です。

 

TULを受けられる我孫子の病院

TULも我孫子東邦病院で受けられます。TULの症例は、HoLEP以上に豊富です。
経尿道的結石砕石術の実績は、2016年293症例、2017年379症例、2018年396症例、2019年430症例となっています。最新設備を用いている点、専門医が在籍している点が高く評価されているといえます。


 

泌尿器科のレーザー治療は我孫子東邦病院で受けられます

人工光源を医学的に応用した治療をレーザー治療といいます。泌尿器科でも様々なレーザー治療が行われています。
レーザーを用いた代表的な治療といえるのが、HoLEPとTULです。どちらも従来の治療法に比べメリットが大きいとされています。我孫子で治療を受けたい方は、我孫子東邦病院で相談するとよいでしょう。専門医が在籍しているので、安心してレーザー治療を受けられます。