交通案内サイトマップ

◆受付時間 平日 8:00-16:30/土曜日 8:00-12:00
◆休診日  日曜・祝日
 ※急患につきましては随時診療いたします 


〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1851-1

TEL 04-7182-8166

HOME»  コラム一覧»  残尿感は病気の兆候?我孫子で受診したい泌尿器科もご紹介

残尿感は病気の兆候?我孫子で受診したい泌尿器科もご紹介

 
 

排尿後も尿が残っているように感じる残尿感にお悩みではありませんか。

お困りの方は症状を放置しないようにしましょう。背後に何かしらの病気が隠れていることがあるからです。このページでは残尿感があるときに疑われる病気と、泌尿器科で行われている一般的な検査・治療を紹介しています。
気になる症状がある方は参考にしてください。

 

 

残尿感がある場合に考えられる病気は?

 
 

残尿感はさまざまな原因で引き起こされます。具体的には以下の病気などで引き起こされることがあります。
 

前立腺肥大症

直腸と恥骨の間で尿道を取り囲むように存在するクルミ大の臓器を前立腺といいます。この臓器が肥大すると、尿道が圧迫されるため残尿感などの症状が現れることがあります。ちなみに前立腺は男性にしかありません。
 

神経因性膀胱

糖尿病や腰部椎間板ヘルニアなどで膀胱の活動をコントロールする神経が障害されると、膀胱が上手く収縮できなくなります。これによっても残尿感などの症状が現れることがあります。
 

膀胱炎

膀胱炎の炎症で知覚異常が起こり、実際は尿がないにもかかわらず残尿感に悩まされることもあります。女性に多い症状といえるでしょう。
 

慢性前立腺炎

男性の慢性前立腺炎では、はっきりとした炎症の有無にかかわらず知覚異常で残尿感が引き起こされることがあります。慢性前立腺炎は原因がわからないことが少なくありません。

 
 

排尿症状とは?主な症状やその原因を紹介

 

残尿感が気になるときに、併せておさえておきたいのが排尿症状です。排尿症状とはどのような症状なのでしょうか。
 

排尿症状とは

排尿に関係する症状を排尿症状といいます。具体的には残尿感・排尿痛・頻尿などをまとめて排尿症状といいます。排尿症状はどのような原因で引き起こされるのでしょうか。
 

排尿症状の原因

残尿感がさまざまな病気で引き起こされることからわかる通り、排尿症状もさまざまな病気で引き起こされます。残尿感があればこの病気、排尿痛があればあの病気などのように、症状だけで原因を特定することはできません。
例えば、残尿感・排尿痛・頻尿などの症状は、腎盂腎炎や前立腺炎などでも引き起こされる可能性があります。さまざまな病気が考えられるので、泌尿器科で検査を受けて原因を突き止めることが重要です。

   

 

一般的な泌尿器科での検査や治療を紹介

 
 

泌尿器科で行われる検査や治療は、疑われる病気により異なります。基本的には問診や検査で可能性を狭めていき、診断すると考えれば良いでしょう。参考に膀胱炎が疑われるときの検査や治療の一例を紹介します。
 

検査

膀胱炎が疑われる場合は、以下の検査を行うことが多いようです。
 
・尿検査
遠心分離した尿を顕微鏡で調べる検査。白血球の数が基準より増えていれば膀胱炎と診断される。
 
・尿細菌培養検査
膀胱炎を引き起こしている細菌の種類を調べる検査。
 
・薬剤感受性検査
膀胱炎を引き起こしている細菌に効果的な薬剤を確かめる検査。
 
以上に加え、必要に応じて腎臓や膀胱の異常を調べる超音波検査も行われます。
 

治療

膀胱炎を引き起こしている細菌などに効果的な薬剤(抗生物質・抗菌剤)を用いて治療します。2~3日程度服用することで、残尿感などの症状は治まりますが医師が指示するまで薬剤を服用し続ける必要があります。症状が治まっても膀胱内に原因菌は潜んでいるからです。勝手に服薬をやめると、残尿感などの症状がぶり返すかもしれません。治療は尿検査で問題がないことを確かめてから終了します。
 

検査や治療の内容はさまざま

先ほど説明した通り、検査や治療の内容は疑われる可能性で異なります。例えば前立腺肥大症が疑われる場合は、超音波検査や血液検査、直腸診、尿流量測定、X線検査などが行われます。また治療は薬物療法と外科的療法で行われます。繰り返しになりますが、まずは泌尿器科を受診することが重要です。


 

我孫子東邦病院の泌尿器科で行う治療について


 

我孫子で泌尿器科をお探しの方は、我孫子東邦病院を受診するとよいかもしれません。我孫子泌尿器科ではどのような特徴があるのでしょうか。
 

泌尿器科専門医による治療を受けられる

我孫子東邦病院はJR我孫子駅からバスで10分の場所にある病院です。泌尿器科の大きな特徴になっているのが、日本泌尿器科学会専門医、泌尿器ロボット支援手術認定医、日本泌尿器科学会指導医など、泌尿器のスペシャリストが多数在籍していることです。よって専門的な検査・治療を受けることができます。

一般的に用いられている電気メスを使用した経尿道的前立腺切除術よりも、出血量や患者の負担が少ないとされる前立腺肥大症の治療方法・ホルミウムヤグレーザー前立腺切除術を、平成30年だけで79症例も行っている点も見逃せません。残尿感などの症状が気になるときに受診したい泌尿器科といえます。


 

残尿感の背後に潜む病気に要注意!気になるときは泌尿器科を受診

 
 

残尿感の背後には、何かしらの病気が潜んでいることが少なくありません。

例えば前立腺肥大症、神経因性膀胱、膀胱炎などが考えられます。さまざまな原因が考えられるので、自分で勝手に大丈夫と考えないことが重要です。泌尿器科で行われる検査や治療は、疑われる病気で異なります。気になる症状が現れている方は、できるだけ早く信頼できる泌尿器科を受診しましょう。

泌尿器科のスペシャリストが多数在籍している我孫子東邦病院であれば、多くの方が安心して受診できるはずです。