交通案内サイトマップ

◆受付時間 平日 7:30-16:30/土曜日 7:30-12:00
◆休診日  日曜・祝日
 ※急患につきましては随時診療いたします

〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1851-1

TEL 04-7182-8166
 

HOME»  コラム一覧»  ホルモン療法で骨粗鬆症に?検査できる我孫子の泌尿器科もご紹介

ホルモン療法で骨粗鬆症に?検査できる我孫子の泌尿器科もご紹介

 
 

泌尿器科の前立腺癌、更年期障害の治療に用いられているホルモン療法には、骨粗鬆症になるリスクが潜んでいます。
しかし骨への影響を心配して、ホルモン療法を受けないという選択は最善ではありません。
我孫子には骨の検査を行える泌尿器科もあり、対策を立てながら治療を受けることが最も良い選択肢です。

 

 

泌尿器科におけるホルモン療法と骨粗鬆症の対策について

 
 

泌尿器科で行われているホルモン療法には、副作用として骨粗鬆症のリスクが存在します。

 

 

ホルモン療法と骨粗鬆症の関係性

 

   

骨粗鬆症はステロイドの飲み薬や性ホルモン低下療法薬で引き起こされる可能性があります。
 
 


一般的に、骨粗鬆症には加齢や生活習慣、遺伝要因などが関連しています。一方で医薬品により引き起こされる場合もあり、代表的な薬として経口(飲み薬)ステロイドや乳がんまたは前立腺がんに対する性ホルモン低下療法薬があります。
 

出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構:(PDF)骨粗鬆症


 
資料にあるように、ホルモン療法は骨が弱くなる原因となり、前立腺癌におけるアンドロゲン遮断療法もそのひとつです。

 

ホルモン療法での骨粗鬆症の考え方

 
 

ホルモン量を調整する治療は、前立腺癌や更年期障害など多くの疾患を治療するために用いられている一般的なものです。
そのため、治療による骨への影響を不安に思うのではなく、対策を行うことが重要となります。


 

我孫子の泌尿器科で受けられる骨粗鬆症検査とは?


 

泌尿器科で受けられる骨粗鬆症の検査について、我孫子の病院を例にして解説します。


 

血液検査・尿検査

 
 

血液検査と尿検査は、「骨代謝マーカー」によって骨の代謝を調べるための検査です。
骨代謝マーカーを調べると、骨密度が低下する速度や骨折の危険性がわかります。
 

 

レントゲン検査

 
 

レントゲン検査では実際の骨の状態を確認することによって、骨の脆さを調べることができます。

 

骨密度検査

 
 

骨密度検査は、若い人と比較して骨の密度がどのくらい低下しているかを調べる検査です。
検査方法は主に3種類ありますが、「DXA法」は骨の状態を正確に測ることができ、5分ほどと短時間で検査が終了するメリットがあります。

 
 

我孫子の泌尿器科で治療を受けるなら骨粗鬆症検査を忘れずに

 
 

泌尿器科でホルモン療法を受けるなら、骨粗鬆症のリスクを考慮して、定期的な検査を受けておきたいものです。
我孫子では骨密度検査を行っている病院もあり、ホルモン療法における骨への影響を知り、対策を立てることができるようになっています。
骨へのリスクはホルモン療法を受けるうえで避けられないことであるため、対策できるよう、いつでも検査を行える我孫子の医院で治療を行うことをおすすめします。