レーザー治療

医療用として開発されたレーザー脱毛

脱毛用として米国食品医薬品局の認可を受けた米国装置(Gentle LASE)を使用

毛には成長する時期と抜け落ちる時期があります。レーザー脱毛では成長期に効果を発揮するため、約6回から8週に1回のレーザー照射が数回必要です。

来夏、むだ毛処理に悩まされないために、この時期からのレーザー脱毛をお薦めします。なお、レーザー脱毛による効果や反応には個人差があり、毛の太さや部位、今までの処理法によっても異なります。また、日焼け後など、肌の状態や体質によってはレーザー脱毛をお薦めできない場合もありますので、まず、担当医師にご相談ください。

(担当医師:形成外科医師 山口 敦子)

レーザー脱毛のメリット

  • 痛みがほとんどなく、施行前に麻酔をする必要がない
  • 1回の治療が短時間で終了(両ワキなら5分程度)
  • 施術後の肌へのダメージが少ない
    (針脱毛のように数日間も真っ赤に腫れ上がることがない)

このページのトップへ