我孫子東邦病院 結石破砕センター

我孫子東邦病院 結石破砕センターは、1997年6月に結石破砕装置を設置し、我孫子、柏を中心に体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を使った結石や胆石の治療を行って参りました。
また、豊富な経験を持つ医師・スタッフが、迅速で、負担の少ない治療を目指して、治療を行っています。

我孫子東邦病院の結石破砕治療の特長

  • 日帰りで治療(外来通院治療)が可能です。
  • スケジュールのご希望があれば、可能な限り調整いたします。

2003年12月に、新機種のDornie社LithotripterDを導入しました。
ESWLのパイオニア、Dornie社が開発した最新型の結石破砕装置です。新開発の衝撃波発生装置により、治療中の痛みが大きく軽減され、より広い範囲の尿管結石を治療出来るようになりました。

このページのトップへ

結石破砕センターの診療

このページのトップへ