特定保健指導について

特定健診の受診後、メタボリックシンドローム予備群と判定された方を対象として特定保健指導が実施されます。

※現在、当院において特定保健指導については実施しておりません。

特定保健指導の診断基準

Step1 腹囲
右のいずれにも該当しない 85cm以上の男性90cm以上の女性 85cm以上の男性90cm以上の女性
かつBMI25以上
0点 1点 2点
Step2-1 血糖
空腹時血糖値 HbA1c 治療の有無
100mg/dl以上 5.2%以上 薬剤治療中
いずれかに該当する場合に 1点
Step2-2 脂質
中性脂肪 HDL-コレステロール 治療の有無
150mg/dl以上 40mg/dl未満 薬剤治療中
いずれかに該当する場合に 1点
Step2-3 血圧
収縮期 拡張期 治療の有無
130mmHg以上 85mmHg以上 薬剤治療中
いずれかに該当する場合に 1点
Step2-4 喫煙歴
合計100本または6ヶ月以上吸っている 最近1ヶ月間吸っている
いずれにも該当する場合に 1点

特定保健指導区分について

Step1の点数
0点 1点 2点
Step2の点数
【①②③④の合算】
0点 情報提供レベル 情報提供レベル 情報提供レベル
1点 動機付け支援 動機付け支援
2点 積極的支援
3点以上 積極的支援
情報提供レベル

※問題無し又はメタボリックシンドローム予備群と考えれるもの
従来の健診結果と併せて、必要な情報提供用紙【パンフレット】等が同封されメタボリックに対する注意などが促されます。

動機付け支援

※腹囲以外に危険因子が少しあると考えられるもの
具体的な面談による支援が行なわれ、その後6ヶ月後の評価が行なわれます。
初回面談は直接的に行なわれ、評価は面談・電話・メールなどで行なわれます。

積極的支援

※結果よりメタボリックに対する支援が必要なもの   動機付け支援と同様に、面談による支援が為されますが、3ヶ月以上の継続的な支援が必要とされます。支援方法は、個人支援・電話・メールなどです。6ヶ月後の評価も動機付け支援同様、個人支援・電話・メールなどで行なわれます。

このページのトップへ