医療機器紹介

1.体外衝撃波結石破砕装置「Dornie社LithotripterD」

腎・尿管、胆石破砕の治療に使用いたします。



2.MRI(東芝磁気共鳴画像装置)

最新のMRI装置はより静かで開放的です。患者様は安心して受診頂けます。

従来の装置は、検査時に工事現場のような激しい音がしていましたが、当院のMRI装置には静音機構が搭載され、検査中は他の機種に比べとても静かです。そのため患者様はリラックスしながら安心して受診頂けます。

 検査の際には安全で効率の良い「樹脂性ボディコイル」を装着頂きますが、こちらは一度装着すると途中でセッティング変更の必要がないまま全身の検査を続行できるために、検査時の負担も軽減され短時間で精密な診断が行えます。

頭部血管MRI 総胆管結石MRCP 腹部大動脈瘤MRI 腎尿管膀胱像MRU

3.マルチスライスCTスキャナー

最新のマルチスライスCTでより安全な精密検査が受けられます。


当院では、最新のマルチスライスCTスキャナを設置しております。患者様が寝台に横になるだけで苦痛なく全身の断増像(輪切り)が鮮明に撮れます。

 特に、らせん状連続してデータを収集する(ヘリカルスキャン)を行い従来の装置より広範囲の検査の診断が可能です。また、「量子フィルター」の採用で線量は約40%低減され被爆線量を大幅に抑えます。
撮影時間も短縮され、患者様にやさしい検査となっております。

体幹部造影 脳動脈瘤 胆嚢結石 腹部大動脈瘤 腰椎分離症

4.マンモグラフィ「東芝乳房X線撮影装置」

高精度のマンモグラフィ撮影装置による定期的な乳がん検診を受けることをおすすめします。

現在日本人女性の16人に1人は乳がんに罹患するといわれています。また、乳がんで死亡する女性は、年間1万人を超えています。しかし、日本では乳がん検診の受診率は、全国平均で20%代です。

 

当院では、精度の高いマンモグラフィ検診を受診できるように、東芝メディカル社製「女性スタッフが中心となり、女性のために開発した新型マンモグラフィ撮影装置」を使用し、女性の認定技師が撮影を担当致します。

 


体幹部造影 脳動脈瘤 胆嚢結石

5.内蔵脂肪CT検査

内蔵脂肪を把握することでメタボリックシンドロームを予防しましょう。

内蔵脂肪が蓄積されることで、

「肥満」「高血圧」「糖尿病」「高脂血症」など生活習慣病の原因になります。内蔵脂肪の蓄積によりさまざまな病気が引き起こされた状態をメタボリックシンドロームと言い動脈硬化の危険が高い状態です。

「心筋梗塞」「狭心症」「脳梗塞」などを発病する原因にもなります。より積極的な運動や摂取カロリーなどの見直しが必要になります。

 内蔵脂肪専用解析ソフトを使用していますので、皮下脂肪面積、内蔵脂肪面積、脂肪面積比の割合などを正確に計算できます。

6.VSRAD(早期アルツハイマー型認知症診断支援システム)

頭部MRI撮影により、早期アルツハイマー型認知症にみられる画像情報を提供いたします。

アルツハイマー型認知症では海馬・海馬傍回付近の萎縮が最も早く起こることが判明しています。

「VSRAD」は早期アルツハイマー型認知症に特徴的にみられる海馬傍回付近の萎縮の形態画像情報を解析し、診断支援情報に変換するシステムです。このシステムの開発により、MRI画像診断においてこれまで目視では難しかった早期アルツハイマー型認知診断の支援情報を提供することが可能となりました。


7.経鼻内視鏡「経鼻ビデオスコープ」

鼻から入れる内視鏡を準備しました。また、従来どおり、口から入れて検査する内視鏡もあります。



8.軟性鏡「膀胱腎盂ビデオスコープ」

従来からある、硬性鏡「膀胱腎盂鏡」の内視鏡タイプです。

このページのトップへ