スクロール

スクロール

 

経尿道的結石砕石術
(TUL)

内視鏡を使用した治療方法です。経尿道的尿管砕石術(TUL)は、尿道から 細い内視鏡を入れて尿管または腎臓の結石をレーザや空気衝撃波などの砕 石装置で砕石します。破砕された結石片は、手術中に体外に取り出すこと ができます。使用される内視鏡は、硬性内視鏡か軟性内視鏡のいずれかで、 治療部位により選択されます。治療効果の高い手術として近年増加してい ます。入院期間は、数日~1週間程度になります。

 

ホルミウムヤグレーザー前立腺切除術
(HoLEP)

前立腺肥大症に対する治療方法は、様々な方法が試みられています。電気メスを使用したTURP(経尿道的前立腺切除術)が多く用いられています。しかし、TURPは出血量が多く患者様の苦痛や入院期間が長い等があります。

これに対し近年、ホルミウムレーザーによる前立腺肥大症の治療に関してHoLEP(前立腺核出術)という手技が確立され、従来と比較して出血が少ないという大きな特徴があります。従来の手術では難しかった大きな前立腺でもこのHoLEPでは可能です。また術後バルーン(尿のくだ)の留置期間、入院期間も短いといった特徴もあります。